最後だとわかっていたなら

アメリカ人女性が、10歳の息子を亡くして、
その悲しみの思いを綴った 詩です。

911同時多発テロの追悼集会で朗読され、大きな反響となり
瞬く間に世界中に拡散されたこの詩。

今日、ある場所での待ち時間で、何気なく手にとり見ていました。

「最後だとわかっていたなら」
作:ノーマ・コーレット・マレック
訳:佐川 睦

あなたが眠りにつくのを見るのが、最後だとわかっていたなら
わたしはもっとちゃんとカバーをかけて、
神様にその魂を守ってくださるように、祈っただろう。

1ページ目から、グッと胸が締め付けられるようでした。

あなたがドアを出ていくのを見るのが、最後だとわかっていたなら
あなたが喜びに満ちた声を上げるのを聞くのが、最後だとわかっていたなら

最後だとわかっていたなら、
最後だとわかっていたなら、

今日と同じ明日が来ると思っていても、明日が来ない日があることを
大切な人を失い、私も知ることになりました。

今日は、そんな「命」に向き合う日だったのかな。

マヤのカレンダーでは、今日はkin155で、私のチャレンジパートナーの日。

そのメッセージは、「最後だとわかっていたなら」のようでした。

日々、自分のベストを尽くし、悔い無く生きることですね。

無難に生きても、満足はできないだろう自分の中の思いを
ちゃんと大切にしないとね。

木星が蠍座に入ってから、「命」や「人生」に向き合う機会が増えたのも
気のせいでは無さそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA