ラ・レジデンス

8月11日。

今日のランチは、プノンペンにあるフレンチの老舗、ラ・レジデンス。

前回のトパーズとこちらは、プノンペンフレンチの2トップ!とのことで、楽しみにしていました。

こちらの建物は、元王族の屋敷らしく、とても立派な造りで何とも優雅&エレガントな雰囲気です。

現在は、スイスの5つ星レストランで長年勤めた、日本人の加茂シェフが腕を振るっているそうです。

ランチは、前菜とメイン、デザートをそれぞれ選びます。

あら?二人とも同じメニュー?

こんなのオーダーしたかな?と思っていたら、やはり間違いらしく、直ぐに撤収(笑)
見るだけの一品目👀

こちらが、正解のマリネ。

グリーンのソースが、とてもマイルドで気持ちが落ち着くのが不思議です。

メインは、お肉にしました。

こちらも、アッサリとした味付けと食べやすい厚さのスライス。

お箸で食べたくなる様なお味です。

デザートは、コッテリ濃厚なチョコエクレアです。

デザートに負けないほど、私達の会話も濃厚で、
このタイミングでやって来た彼女といろんなシンクロ。

美味しいお料理は、お腹だけじゃなくて、心もたくさん満たしてくれました。

プノンペンに来たら、ぜひフレンチも楽しみましょう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA