伊勢の旅①(正式参拝)

夜明け前に徳島を出発し、一路、伊勢へ。
またまた寒波の襲来で、車で行く予定だったのを変更し、
バスと電車の旅になりました。

特急のしまかぜに乗りたかったのですが、生憎満席。。
約二時間弱の電車の旅も悪くないですね。
途中、雪景色も見ながら、どこでお昼ご飯を食べるかの相談です。

伊勢神宮の最寄り駅、宇治山田駅では名古屋チームが先に到着し、
すでに(出来上がって)いました(笑)なんでやねん!!!

予約しておいたレンタカーで、まずはおかげ横丁へ向い
お昼を食べて参拝することになりました。

伊勢に来たら、やっぱり「伊勢うどん」ですね。
こちらのおうどんは、やや太めのまさに(もちとろ~!)という感じです。
有名なお店らしく、芸能人のサインがたくさんありました。

本来であれば、先に禊ぎのために「二見ヶ浦」へ行くのがルートのようですが、
今回は時間の都合により、外宮と内宮で正式参拝することにしました。

鳥居の前に一礼し、宇治橋を渡り聖域に入っていきます。

久しぶりの伊勢神宮です。平日でもたくさんの方が来られています。
ちょうど立春を迎え、皆さん思いも新たに参拝されているね、
なんて話していたら、「伊勢はいつもいっぱいです」とのことでした。

とても寒くて、川の水も氷のように冷たいのですが、
五十鈴川で「禊ぎ」をしました。
澄んだ空気と太陽の光、神聖な場所にいるのを全身で感じます。

今回は、初めての御垣内参拝です。
寒いけど、コートは脱いで神職の方にお祓いをして頂きます。
そして、神官の方に案内に従って、玉砂利の中を進みます。

正面に立ち、二礼二拍手一礼。
ただただ、ここに来られた事に感謝申し上げるしかありませんでした。
少し前、思いがけないお話を頂き、急展開の状況に、
見えないチカラに導かれ、守られ、育てられ、「今、ここ」があることに
有り難うございます!その言葉しかありません。

今回、伊勢に来られて本当に良かった!
これもきっと偶然ではなく必然ですね。
雪も問題なく来られて、素晴らしい青空と大きな太陽が輝いていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA