潜在保育士・保育士のシッター復活に支援!

https://kidsline.me/contents/news_detail/242

待機児童にベビーシッター利用で、東京都が50億円に支援!
待機児童になった場合のシッター利用補助に、一家庭
月額28万円まで支給予定で、50億円の予算を計上したそうです。

シッターサービスを展開している「キッズライン」は、
2018年待機児童対策に備えて、潜在保育士・保育資格保有者が
シッターとして同サービスに登録をした場合、
最大で10万円の支度金を支給することを決定。

徳島にも、キッズラインの徳島拠点があり、
若い拠点長が頑張って、広報やシッターの募集活動を行っています。

潜在保育士の課題については、待遇改善などが前提になると考えていますが、
空いた時間で、個人で時給を決めて活用できるキッズラインのサービスは
利用しやすいかもしれないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA