母の思い出の着物

人生は、ご縁と導きの連続ですね♪

実は、以前から母の形見の着物をどうにかしたいと思っていたのですが、
タイミング良く、着物リメイクをされている先生が、
昨年開催した女性起業塾に参加して下さいました。

また、引き寄せたかしらw
自分でも、ご縁と出会い運最高!!と思ってます♡

待ってました!!とばかりに、早速ご相談に伺ってきました。
(こうしてすぐ動くのも、さらに加速させる秘訣と思っています!)

この2枚、母がよく着ていたものです。
普通に着物として着れれば良いのですが、母は身長が低くて、
腕が短かったのか^^;ちょっと、袖が足りないのです。。
それに、着物を着こなしていた母のように、
粋に着るだけの器量も私にはありません。

なので、今の時代風に、草履じゃなくてブーツ履いて
格好良く着こなしてみたいと思っています。

この2枚だけでも、普段に着れるようなものに生まれ変わらせたいと思い、
今回、リメイクにチャレンジします。
ほぼ直線縫いなので、きっと大丈夫ですよね~先生(*^_^*)

まずは、着物を解いて、洗って頂く所からスタートです。
張り切って持って行きましたが、そこで、約一月かかるそうです。

先生からのご紹介で伺った呉服屋さんが、大変親切なご対応をして下さり、
こちらにお持ちして良かったな~!と思えるような店主の方でした。

帰りかけた時に、良かったらお茶をのんで行かれませんか?と
声をかけて下さいました。
ちょうど、この大きな苺大福を頂いた所らしくて、
お抹茶を点てて下さいました。

お抹茶も苺大福も美味しかった♡
お話が面白くて、余計に美味しく感じたのもあるかもしれません。

2018年、日本の伝統的な風習や文化が見直しをされて、評価される
そんなタイミングの様です。
2019年、天皇陛下の生前退位があり、年号が変わります。
2020年、東京オリンピック開催にも、海外からたくさんの方が日本に来るでしょう。
世界中から、大注目の国となりますね。

より一層、日本人としてのアイデンティティを意識して、
この国で生きている、生かされている意味を
考えながら生きていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA