ご縁の連鎖

先月博多でお会いした方が、素敵なご縁を繋いで下さいました。

元上司にあたる方が、この春より徳島に赴任されたとのことで、
双方にとって会った方が良い!とおすすめ頂き、ご挨拶させて頂きました。

初めてお会いする方でしたが、なぜかすぐにお互いがわかりました。
事前のメールの文章や語彙のチョイスで、雰囲気がイメージできていました。

私より少し年上の方でしたが、とても知性を感じる上品な方でした。

1時間程度のお話でしたが、今後の展開を楽しみにしています。
これからの世代の方に、何かお役に立てることがあれば幸いです。

そして、「博多ぱいおう」頂きました♡

博多ぱいおうは、繊細で優しい風味をお届けすることをコンセプトに
とても思いのこもったお菓子です。
美味しく頂きます。ありがとうございました。

その後、私はまた淡路へ向かい、戻ったのは深夜でした。

この所の「ご縁の連鎖」をしみじみ感じながら、
また何か見えないチカラに導かれている不思議を感じています。

そして、翌朝の遠隔MTGの時に、
○○さんに連絡しなくちゃ!と急に思い立ち、唐突なメッセージを入れたのは、
ただの偶然ではなかったことを理解しました。

”ここに一の沙門あり。余に虚空蔵聞持の法をしめす”
(空海『三教指帰』序より抜粋)

今世になっても、圧倒的な影響力を持ち、多くの人の心の支柱となる存在。
弘法大師空海。
その空海の本当の「人生」の始まりは、
まさに一人の沙門(シャーマン)との出会いからだったそうです。

今でいうエリート官僚まっしぐらの道中、
そこを抜けだしてたどり着いた四国の山奥で、まさにその運命の出会いがあり、
空海は大宰府に向かって、遣唐使に「潜り込む」ことになったのだそうです。

「出会いの連鎖こそが人生を導き、人生を織りなす」

この出会いやご縁を導いて下さるすべての物事の感謝しかありません。

出会いがあってもご縁が続くかどうか、
また、その出会いから始まるものは、自分次第ですね。

だから、素敵な人に出会い、素敵なご縁の連鎖を続くためにも、
自分自身を磨き続いていきたいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA