6月29日

なんと!!今朝はお馬さんに遭遇しました(^◇^)
朝ごはんの時間でしょうか。

こちらでは、いろんなアクティビティがあり、
乗馬も体験できます。
その時に活躍するお馬さんですね。

午年だからでしょうか?馬が大好きです。
私も、ぜひ乗せてもらおうと思っています。

毎日の徒歩通勤に、少し余裕ができてきたのか、
いろんな花や葉っぱが目にとまります。

キリロムは国立公園自体が、1993年にIUCN(国際自然保護連合)の
カテゴリー2に分けられる保護地域をなっていて、
こちらの自然をそのままに、共存していくのがpolicyです。

そのため、いろんな虫もいるのだけど、chemical attackはNGとされています。
生態系を壊してしまわないように、建物の設計により虫が入らないようにするとか、
電気の網?みたいなもので、そこにいるものを捕まえたりするのは良いそうです。

虫が大の苦手の私が、何とかここでやっていける程なので、
大丈夫そうですけどね。

来る前には、「蚊」がひどいとの話を聞いていたので、
ムヒの超強力ガードのスプレーに、ワンプッシュで部屋中の虫除けになるもの、
刺された時のムヒクール、徳島県人愛用のオロナインも持参。
でも、今の所、何も無く平和に過ごしています。

毎朝見てるので、今日初めて気がついた。
これ、杭が色鉛筆になっていたんだ~。

Luxury Tentの上の文字がクメール文字。
先日、友人がクメール文字って難しいね!とメッセージをくれたけど、
かなり難しいみたいです。
そして、文字の入力も簡単でないことから、こちらの大学の生徒さんが、
PCの文字入力を簡単にするシステムを開発し、コンテストで優勝したそうです。

素晴らしい!!!

今日の午後、席を立ったついでに教室を見ていたら、
とても興味深いプレゼンをしていたので、覗き見をしていたら、
先生が「座ったら?」と言ってくれたので、私も聞かせてもらいました。

スマホを忘れて写真を取れなかったけど、この国の環境問題について、
自分で動画を作成したものを皆さんに見せていたようです。

こちらでは、基本ごみの分別というものが無く、全部一緒に捨ててます。
来た時からその様に捨てていたので、今日の動画が少し衝撃的だった。
大量のゴミが分別も無く集められている、ごみの山。
そして、学校にも行かず、ゴミの収集場でゴミ拾いをする幼い子供たち。

ここに来る前から感じていたことだけど、
同じ人間として生まれてきたのに、どうしてこんなに違う世界があるのだろう。

ここへの道中にはいくつかの集落が有るようで、家らしきものがあります。
本当に、戦後の日本のような(って、戦後の間もない様子は知りませんが)
掘っ立て小屋のようなものがたくさん並んでいて、裸の人もよく見かけます。

私がお世話になっているオフィスでは、毎朝7時にセキュリティの人が来てくれて、
夜は恐ろしく頑丈な鍵を外に2つ、また別の鍵で中も締める。
二重のロックで、coolerは寒い程効いていて、WI-FIもビンビン飛んでます。

ちなみに、この鍵には毎回苦労しています。
大きいし、重い。

日本はみんなが総中流意識で、格差は見えにくい。
この国は、富めるものとそうでないものの差は、天と地ほどの違いがある。
でも、これからの経済成長で、みんなが豊かになれる可能性も秘めている。

この国の優秀な学生1%が集められた大学で、ここの賢い子たちが
これから、きっと、自分の国の課題を自分達で解決していくんだろうなと
今日のプレゼンで、とても頼もしく感じました。

私もそんな貢献できる仕事が出来る様に、しっかり励みます。
まだ、Just Ideaだけどいろいろ夢が膨らみ始めました。

2件のコメント

  1. まーちゃん

    やっぱりクメール語って難しいのね!
    カタチが複雑〜σ^_^;

    今ではこうしてスマホやらPCで
    サクサク打ち込んで書くから
    文字を書こうと思ったら
    アレ⁇って…

    時には手書きの文字を書かなきゃね(笑)

    名前をサインするだけじゃダメなのね〜

    そちらの学生さん、優秀なんですね!
    本当に素晴らしい刺激です╰(*´︶`*)╯♡

    • かなり難解!クメール語の習得は無理と悟りました(笑)

      学生さんは、目が合えばみんなニコニコしてくれるし、真面目に勉強していると思う。

      本当に来て住んでみて感じることがいっぱいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA